著者の皆さんが気になること
それは、本の売れ行きでしょう。

書店での売れ行きもそうですが
ネットでの売れ行きも気になるところです

ネットで最大手の書店といえば、アマゾン。
このアマゾンのランキングは1時間ごとに更新されるため
出版をした人間としては、そのランキングの変動に一喜一憂

初めて本を出した人は、ランキングを気にして
仕事が手につかないということもあるようです。


最近では、アマゾンキャンペーン(※1)もはやっていて
いつ1位になるかと心配で、外出もできなかったり
夜も眠れないという人が実際にいます。


************************************************************************

※1 「アマゾンで○月○日に購入してください。
購入してくださった方には、特典(PDF、MP3など)をプレゼントします。」
というキャンペーンを行うこと。
多くは、ランキング1位を目指し、1位になった実績をもとに次の販促に
利用しようと考えています。

※アマゾンランキングチェイサーは書籍のみならずDVDなどにも対応してます
************************************************************************



キャンペーン期間だけではありません。


もちろん、出版してしばらくしてからもそうです。

ネットの世界は何が起こるか分かりません。
急に、あなたの書籍のランキングが10000位台から100位台まで上がることも珍しくありません。

そのような急激な上昇もきちんと定点観測をしていないと見逃してしまいます。

今回ご紹介するシステムを使うと
24時間のランキングの変動を毎日一度まとめてメールでお知らせします。

これによって、書籍の売れ行きの変化や
急激な環境の変化も瞬時に察知することができます。


またこの機能は、出版にかかわるすべての人に役立ちます。

 




Amazonランキングの結果は、書店での販促には
つかえなくなったといわれていますが・・・・


1−2年前まではamazonランキングの結果を見て
リアルの書店さんが、発注数を決めていた時期もありました。


しかし、今ではキャンペーンの存在もしられて
ランキング上位を一度獲得したからといってそれだけでは
書店からの発注が来る時代ではありません。

しかしながら・・・今でもamazonランキングには意味があります。

それは大きく分けて2つあります。



1)Amazonランキングで上位を獲得した実績
販促および広告に使える。

一瞬の上位であっても「冠」としてはまだ有効です。
「amazon総合○○位獲得」という実績はランキング獲得だけでは、実績にならなくても
出版社からの新聞広告に掲載する際に「冠」として 枠を大きくしていただける場合があり、
新聞の枠が大きいと言うことはそれだけ「出版社の本気度合い」
が書店さんに伝わることで、販促につながります。

一瞬の順位をずっと待っているのは非常に手間ですよね?
いつくるかわからないのですから。


2)Amazonランキングで上位に「どれだけ継続して存在したか」は重要な情報

キャンペーンの存在は知られていたとしても
長期的に売れている書籍の存在を無視することはできません。
というのは長時間ランクインするということは、
キャンペーンだけではない理由で売れているといえるからです。

となると、○○時間連続でベスト10!
などの告知はすごく重要。

しかし、継続して何時間も順位をいちいち確認するのは
非常に無駄なこと。
それをシステムで監視していれば、手間がかからず
データを手に入れることができます。







「amazonランキングチェイサー」は
申し込み停止中です